2008年07月16日

ブルースの来日が近づいてきました

ブルース・モーエン来日まで1ヶ月を切り
いろいろと忙しくなってまいりました あせあせ(飛び散る汗)

8月のワークショップ開催までに
昨年のリポートを終えたかったけれど
準備に忙しいため
ちょっと無理みたい ふらふら

ワークショップは
ベーシック、アドバンス両コースとも
前日に懇親会を開催します ビール

あらかじめ
リラックスして親しむ場を設けることで
ワークの充実を促したいという思いからです ひらめき

もちろん懇親会には
ブルース&ファロン夫妻も参加

さらに今回は
ブルースの本を監訳されている坂本政道氏と
翻訳してくださっている塩崎麻彩子さんも
参加予定 exclamation×2

楽しくなりそうです グッド(上向き矢印)

ベーシックコースの会場は
とても良さそうなところを見つけてね
飲み放題なんだけれど
メニューの中に
「Bruce Moen」という名前の
オリジナルカクテルも作ってもらうことにしました バー

どんなカクテルになるのか
ワクワクです〜 バー

ブルース夫妻と参加者に
喜んでもらえますように ぴかぴか(新しい)

ワークショップ参加申し込みは
まだ間に合います
ご興味のある方は
詳細は下記のバナーをクリックしてご覧下さいね☆

2008JP.jpg



posted by アイ クミコ at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

嬉しかったシェア

ブルース・モーエン・ワークショップの
アドバンスコースは
ベーシックコースの続き、というものではありません
ベーシックコースとは
全く違う探求をする、と
思っていただいた方が良いです

全く違った探求なのですが
やはりリトリーバルもしますし
ベーシックの内容が元になっているので
アドバンスコースを受講するには
ベーシックコースの受講が必須となっています

ベーシックは
副題が「死後探索」となっていますが
アドバンスは
「セルフディスカバリーとセルフヒーリング」
ということからも
わかっていただけるかな

さて
昨年のアドバンスコース受講中にも
嬉しいことはたくさんありましたが
その中のひとつ

2日目に
☆さんから
とても嬉しいことをシェアしていただけました

☆さんと私は
モンロー研究所のゲートウェイで知り合い
ライフラインプログラムもご一緒したご縁

☆さんは
他界した愛する人とコンタクトを取ることを願い
モンロー研をはじめ
さまざまな探求をされてきたのですが
いつも
「何も見えない、聴こえない、感じない」
ということだったそうです

ご本人曰く
「瞑想も妄想もできない落ちこぼれ」


それが
このアドバンスコースで初めて
「左耳ですごくリアルに時計の音が聞こえて 時計
思わず目を開けてみたけれど何もなくて
ブルースが言うように
本当に
目に見えない別の世界が
遠くにあるんじゃなくて
近くに
あるいは同じ場所にあることが
初めて実感できました!」
そうです!


また4日目には
☆さんは
いつも眠ってしまうと通訳の井上さんに相談したら
「目を開けてしたら」
とアドバイスされたので
エクササイズ中
目を開けていたんだけれども
目を開けていたらエクササイズに集中できないので
目を開けたり、閉じたりしながら
メモしつつ、ワークしたそうです

すると
エクササイズが終わってみたら
2行だけだけど
メモしてあって
それを読んでも
何のことかわからず
何も思い出せず
それでも
いつも何も体験していない落ちこぼれと思っていたけれど
何も体験していないのではなくて
覚えてないだけだとわかって
良かった!

とのことです わーい(嬉しい顔)

この話を聞いて
本当に良かったな、嬉しいな、
と感じたのは
私だけではなかったと思います 黒ハート

***
今年8月にもブルース・モーエン・ワークショップ開催します!
詳細は下記のバナーをクリックしてご覧下さい☆

2008JP.jpg

***
posted by アイ クミコ at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

クリックアウト

ブルース・モーエン・ワークショップ
アドバンスコース
続いては
ブルースからクリックアウトについての説明です メモ

クリックアウトというのは
ヘミシンクを聴いている時や
ブルースのワーク時など
途中ふっと意識が無くなること

眠ってしまったのかなーという感じなんだけれど
すごく短時間なのです

そのクリックアウトについて
ブルースの理解では
今までにない知覚があった場合に起きるそうです ひらめき

今までにない知覚…
つまり
今までの経験の中から
解釈者が利用できる要素がなかった場合です ー(長音記号2)

また
クリックアウト中の経験(得た情報)は
失われたわけではないので
がっかりすることはない、と
ブルースは言っていました

そして
特別な意味があって
クリックアウトは起きていると思うって

例えば
今全部知ってしまうと、情報が大量すぎるから
若干がクリックアウトで抑えられているとか、
全部の情報が一度に来ると
信念体系クラッシュが大きすぎるから
若干がクリックアウトで抑えられているとか、
そういうことだそうです ひらめき


それでは
眠りとクリックアウトの違いは何でしょう?

眠っていたなら
眠かったり、眠ったのがわかります

クリックアウトなら
眠ったのがわかりません
眠ってないのに目が覚めた感じがします


クリックアウトするたびに
ガッカリしていたけれど
ブルースの説明を聞いて
なるほど!と思いました グッド(上向き矢印)

ちなみに私は
アドバンスコース中は
クリックアウトがとても多かったです バッド(下向き矢印) 
よほど
私には手におえない情報が多かったんでしょうね ふらふら

===

今年8月にもブルース・モーエン・ワークショップ開催します!
詳細は下記のバナーをクリックしてご覧下さい☆

2008JP.jpg

===


posted by アイ クミコ at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。