2009年06月19日

自信がもてなかったリトリーバルの証拠

ブルース・モーエン・ワークショップ
昨夏のベーシックコースのレポートを続けていましたが
素晴らしいメールをいただいたので
一時中断、
そのことを報告します!


一昨年の夏の
ブルース・モーエンのワークショップに参加していただいた
ある方とご縁があって親しくさせていただき
メールのやり取りなどをしています

その方は50代くらいの男性で
私とは違う時にですが
アメリカのモンロー研究所にも訪れたことのある方
普通では出会えなかったような方々と
こうしてワークショップを通じて出会え
仲良くしていただいて、本当に有り難く嬉しいです

その方の名前を仮名Aさんとします

Aさんに許可をいただいたので
メールをご紹介させていただきますね

「最近、テレビで
「真夏のオリオン」という映画の宣伝をしていますが、
そこで「玉木宏?」が着ている帝国海軍の半袖の軍服が、
実に私が自分自身の前世をリトリーブしたとき着ていた軍服でした。
私的には大発見なのです。
戦艦武蔵は1944年10月にフィリピンで沈没しますが、
フィリピンの10月は30度を超える暑さですから、
戦闘服を着ないで夏服のままで死んだということが
漸く腑に落ちた思いです。
イメージで見えた映像では、
横顔は彫りが深いイケメンで、
着ていた軍服がドイツ陸軍の軍服に似ていたものですから、
ずっと自信が持てないで居ました」


すごいですよね!

自分の見た体験に自身がもてないでいたら
ちゃんと証拠となる映像を見ることができて。

映画がもっと何年も前に作られていたとしたら
ワークで体験しても
「映画を見たからそれを思い出して
そんなビジョンを見たのだろう」とか
思ってたかもしれませんし
素晴らしいタイミングだなあ、と思いました!


Aさんには、このときのリトリーバルの体験について
もっと詳しく教えていただきましたので
明日続きをアップします



読んでくれてありがとう!


posted by アイ クミコ at 07:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。